転職サイトや紹介会社を使った際の応募先の選び方

応募企業の選び方

 転職における応募先の選び方についてお話します。まず、引き抜きや個人的なツテを利用した紹介などを除くと、主だって二つの転職の方法があります。それが、転職サイトの活用と紹介会社の利用です。

 

 まずは転職サイトでの応募先の選び方についてお話します。転職サイトは、現在リクナビNEXTやマイナビ転職、日経キャリアにはたらいく、DODAなど様々なものがありますが、多くの転職サイトでは企業側が高額の料金を払えば表示順位が高く表示されるシステムを組んでいます。

 

 その為、20代の若い転職者の方などは陥りがちなのですが、自分にマッチした求人が他にも数多く有るのにも拘らず、上の方に掲載されている求人原稿のみを見て応募してしまうのです。

 

 

いつも掲載されている企業は注意が必要

 ですが、よくよく考えてみると上の方にいつも掲載されている企業というのは、「求人をいつも掲載しなければいけない位人材が不足している企業」であるという事も考えられます。

 

 大企業での増員募集などの場合もある為一概には言えませんが、不動産業界の営業職や、飲食業界の店長候補職など、業務内容が厳しく人が集まりにくい、もしくは離職率の高い企業での募集の可能性もあります。

 

 転職サイトで応募先を選ぶ際は、表示順位が下の方にあってもより自分が長く勤められる企業が埋もれている可能性もあるので、一生の選択でもありますし、念入りに様々な企業の原稿を見られる事をお勧めします。

 

紹介会社を利用した応募企業選び

 また紹介会社での転職先の選び方については、まずインターネット等からエージェント登録の為の面談を予約し、面談に行くと多くの企業の非公開求人情報を貰う事ができます。

 

 その際に気をつける事として、転職したいが余りあまり志望度の高くない企業に応募してしまわない様に事です。転職エージェント会社は、転職者の企業斡旋の仲介手数料として、応募者の年収の1割〜3割を貰えます。

 

 ですので営業的な側面もあり、早いうちでの転職を勧めてくる事もありますが、自分の人生の中で大きな転機となる転職ですので、エージェント会社の社員の言う事も聞くべきではありますが、あまり強く志望しない企業にはまず応募しないという事を心掛けましょう。

 

 

 

求人情報サイトのおすすめはこちら
高校中退者就職ナビ【最新版】
フリーターより正社員を目指そう

 

女性の転職者必見!内定戦略ガイド
女性の転職を成功させるための戦略とは?

 

http://xn--hdks506xtohuv9buc7a.net/
高卒の就職を支援します

 

http://xn--30-j88c983at0nkw4agdv.net/
30歳の転職での強みを見つける!

 

20代の転職パーフェクトナビ
20代の転職者へ5つの段階で転職方法を説明しています。