面接で必ず聞かれる転職の理由について

転職理由は愚痴にならないように注意しよう

 

 面接では、転職の理由は必ずとも言っていいほど、聞かれてしまう事が多いと思います。転職の理由としては、家庭の事情とかでという事もありますが、他にはその仕事が嫌になったとか、何か職場への不満があるものだと思います。

 

 でも、そういった不満とかを面接の時にぶつけてしまったりしては、ただの愚痴大会になってしまいますし、面接官の方にもいい印象を持ってもらえず、こんな風に思ってまた辞めて、色んな所で愚痴を言われてしまうんじゃないかなと思い、採用しようという気持ちは湧かないです。

 

転職理由はプラスのイメージを大切に

 転職の理由は自分がマイナスになるような内容は避けて、出来るだけ前向きに考えて転職をした事をアピールしましょう。職種を変える場合なら、転職の理由も答えやすいと思います。

 

 今までの仕事を経験しながらも、どうして新しい仕事をしたくなったのか、そういった経緯さえ話せばいいと思います。そうすれば、前職での不満を口にすることは無いですし、前向きに考え新しい仕事に向けてのスキルアップをしていく感じが全面に出るので、志望動機と繋がり自分をアピールできると思います。

 

まとめ

 

 聞かれたくないと思う事は逆に、いい事に変換してしまえばいいと思います。何もかも本音で話す事はないと思いますし、面接はとにかく自分の良い部分を前へ、前へと出していくものなので、後ろめたい理由などは隠していきましょう。

 

 転職の回数をかさねていた事をつっこまれたなら、色んな仕事を経験した上での良かった点に変換して、何を学んだかを伝えて、今進みたい道への熱心さをアピールしましょう。